フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。

« Rocky Raccoon | トップページ | 確定申告@e-Tax »

2021年2月22日 (月)

アリヴェデルチ・オーケストラ

Bravoo FM「ブラボーオーケストラ」3月分2本の収録にNHKへ。

3月7日(日)放送分は、ドヴォルザーク「謝肉祭」と「チェロ協奏曲ロ短調」(vc:佐藤晴真)。
3月21日(日)放送分は「交響曲第9番〈新世界から〉」。
いずれも演奏は渡邊一正指揮東京フィル(2021年2月14日@和光市民文化センター/サンアゼリア大ホールにて行われた番組の公開録音コンサートより)。

・・・と、これにて私の解説担当分は終了。2012年に始まった「ブラボーオーケストラ」の枠で9年、その前の「オーケストラの夕べ」(2008)「FMシンフォニーコンサート」(2003)から数えると18年、初仕事の「新譜情報」(1996)からは25年…という長きにわたりFMで(ほぼ毎週)ボソボソと解説してきたわけだが、晴れて卒業ということに。(ちなみに、番組自体は新年度から柴辻純子さんに引き継がれて続きます)

思えば、大河ドラマを担当したあと60歳で還暦コンサートをやってもらって「定年退職」し、そのあと唯一続けてきたのがこのFM解説の仕事だったのだが…(以前は2時間枠でも3時間枠でも平気で喋っていたが、最近はさすがに1時間でもくたびれるようになってきて、処理スピードと記憶容量の低下は如何ともしがたい)。というわけで、これからは年金と印税で細々と食いつなぎながら、猫を膝にひきこもり隠居暮らしを楽しもうかと…(笑)。そう言えば今日は猫の日(2/22)

Studioa

« Rocky Raccoon | トップページ | 確定申告@e-Tax »

仕事&音楽」カテゴリの記事