フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・02月05日/12日/19日

2017年2月20日 (月)

平清盛@再放送

Taogaginga_2ケーブルテレビ@チャンネル銀河で本日(2/20)からNHK大河ドラマ「平清盛」(2012)の再放送始まる。

毎週(月〜金)午後2時と深夜0時の枠で放送とのこと。

保存版としてBlu-rayでの全集は持っているのだが、さすがに全50話+総集編を通して再鑑賞したことはないので、5年ぶりの再会。随分昔のような…つい最近のような…不思議な距離感である。

2017年1月21日 (土)

酉年のサイバーバード

170121c拙作〈サイバーバード協奏曲〉の演奏を聴きに東京シティフィル定期@ティアラこうとうへ。

演奏は…須川展也(sax)・小柳美奈子(piano)・山口多嘉子(percussion)という初演以来鉄壁のトリオ+藤岡幸夫指揮東京シティフィル。

開演前に指揮の藤岡幸夫氏とプレトーク。作曲して四半世紀(23年)ほど経つので、著作(作曲)者と曲の同一性云々などの感覚は薄れ、23歳に成長した息子と定年退職した父親ほどの距離感。グレることもなく金を無心に来ることもなく、時々こうして顔を見せてくれてその度に「あぁ、いい息子を持ったナ」という幸福感を与えてくれる親孝行な子である(笑。

藤岡氏は顔を合わせると「早く(交響曲)第7番書いてよ」と言うのだが、だれもが60歳すぎて都知事になったり70歳過ぎてアメリカ大統領になりたがるような元気な老人ばかりではないわけで。…などと言っておいて80歳過ぎて交響曲第12番など書いていたら全力でツッ込んでください(…というようなことを前にも書いたような気がする。

2016年11月19日 (土)

田部京子リサイタル

Tabe1119浜離宮朝日ホールへ〈田部京子リサイタル〉を聴きに行く。

曲目は…
・モーツァルト:ピアノソナタ第11番イ長調
・ブラームス:2つのラプソディ
・シューベルト:ピアノソナタ第18番〈幻想〉

シューベルトの命日(11月19日)にちなんでのリサイタルということもあり、白眉は何と言っても18番のソナタ。冒頭の静寂の中から聞こえてくるかすかな旋律からもう「向こうの世界」に魂が吸い寄せられるような…あまりに透明な水の底を覗き込んだときの美しいと言うよりその深さに気が遠くなるような…ちょっと希有な体験をした。

彼女のシューベルトは、デビュー盤(21番)が既に作曲家晩年の闇と深淵を聴かせていたが、どちらかと言うと明るく端正な印象の18番でその深みを覗き込むことになるとは…。リアルに闇と深淵の只中に居る晩年の作曲家(私)にはちょっと怖い世界ではあるが、微塵も濁りのない澄んだ透明感で紡がれる音楽はどこまでも美しい。

作曲家が闇と深淵を描いても、演奏家がそれを優しく包み込む。「ファウスト」でいう「永遠に女性的なるものに救済される魂」…これは日本人の男である私にはさっぱり分からないロジックではあるのだが…が感性を通して身体に染みこんでくるような気が一瞬した。もしかしたらこれが彼女の会得したドイツロマン派の神髄?なのかも知れない。

2016年11月13日 (日)

ブラボー!オーケストラ番外編

1113nhka渋谷のNHKホールで、「ブラボー!オーケストラ」番外編およびNHK音楽祭の一環の〈渋谷発!オーケストラ面白研究所〉に出演。

お客はすべてこどもたち(小学生)とお母さん。オーケストラの名曲を聴きながら国語・算数・理科・社会に関わる音楽の話をし、演奏にも参加してもらい、オーケストラに親しんで貰おうというコンサート。

私が「博士」役、中川翔子さんが「助手」役で司会を務め、オーケストラに関する「蘊蓄(へぇ〜な話)」や「クイズ」を交えつつ進行。中川さんは歌でアニメソングのメドレーも披露し、ゲストには高校生ピアニスト:牛田智大さんも登場。演奏は岩村力さん指揮東京フィル。

アニメソング・メドレーは中川翔子さんの番組「アニソン・アカデミー」で後日放送、クラシック曲の部分は新たに構成して「ブラボー!オーケストラ」で放送の予定。

1113nhkb

2016年11月11日 (金)

冨田勲@Dr.コッペリウス

Drcopperius

この5月に亡くなられた冨田勲さんの遺作「Dr.コッペリウス」の初演を見に渋谷のBunkamuraオーチャードホールへ。

第1部
・イーハトーヴ交響曲
・惑星 Live Dub Mix
第2部
・ドクター・コッペリウス
@渡邊一正指揮東京フィル+初音ミク

期待の「Dr.コッペリウス」 は全7章で構成されたバレエ組曲。冨田さんの死によって前半の1・2章が存在しないそうで、確かに未完の印象は否めないが、最終章で「イトカワとハヤブサ」が聞こえてくるあたりからコーダまでの密度が濃く、充実した感動を与えてくれる。初演半年前に作曲家が亡くなってしまったら公演は大混乱になりそうなものだが、最後の部分の構想がしっかり出来ていたのでGOサインが出しやすかったのだろう。

Tomitadc
第1部で再演された「イーハトーヴ交響曲」はダンディの「フランス山人の交響曲」が中心素材になっていたが、今回の「コッペリウス」ではドリーブの「コッペリア」のほかヴィラロボスやワーグナーなど複数の曲が素材。シンセサイザーでのReMixをオーケストラに持ち込んだ不思議な作風で、クラシック通には賛否が分かれそうだが、むかしむかしは耳馴染みの曲を精妙に構成するのが「大作曲家」で、オリジナルの旋律を使う人より格が上だったそうだから(今でも「演奏家」はそうしてリサイタルを開いている)充分アリだろう。

バレエ自体は象徴的な物語で、筋書きが分かりやすいとは言えないが、初音ミク嬢の歌う「コッペリア」の耳馴染みのワルツや「トリスタンとイゾルデの愛の死」など聞き所は多く飽きさせない。主人公の「博士」とミク演じる「コッペリア」は、「羽衣伝説」の男と天女であり、糸川博士と宇宙生命であり、それと同時に冨田さん自身とシンセサイザーの精霊なのかも知れない。

それにしても公演が終わって満員の観客の拍手を聞いていると、会場に冨田さんがいないことに改めて寂しさがこみ上げてくる。僕たちは今みんなトミタ・ロスですよ。冨田さん。

2016年11月10日 (木)

舘野泉@傘寿記念コンサート

Tateno80

舘野泉さんの傘寿(80歳)記念コンサートを聴きに東京オペラシティへ。

・池辺晋一郎:西風によせて
・ヒンデミット:左手のためのピアノ協奏曲
・シュタール:ファンタジー
・ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲
@高関健指揮東京シティフィル

80歳の誕生日に一晩で4つの左手のピアノ協奏曲(しかも難曲ばかり)を弾いてしまう…という驚くべきコンサート。還暦(60歳)を越えてほとんど隠居気分な私から見ると、この想像を絶する壮挙は畏怖を通り越して恐怖である。つい昨日も70歳でアメリカ大統領になろうという「怖ろしいヒト」に愕然としたばかりだが、どうして世の中こんなに老いて元気なヒトが居るのだろう。務めを果たした後は枯れて老いてゆく(そして消えてゆく)人生でいいじゃないか…と私などは思うのだが。(などと言っておいてもし万が一80歳すぎてぬけぬけと交響曲第12番など書いていたら全力でツッ込んでくださいませ)

2016年11月 3日 (木)

鳥のシンフォニア@新交響楽団

161103a

新交響楽団創立60周年第235回演奏会を聴きに行く。

・吉松隆:鳥のシンフォニア”若き鳥たちに”
・伊福部昭:シンフォニア・タプカーラ
・ブラームス:交響曲第1番
指揮:山下一史@東京芸術劇場

・鳥のシンフォニア解説→**
・作曲者インタビュー→***

ちなみにここ(芸劇)の開演ベルは私の作(2012)なのだが、自分の曲のコンサートで聞くのは初めて。

追伸:鳥のシンフォニアのスコアはASKS orchestraで手に入ります。(パート譜はJapanArtsにお問い合わせ下さい)

2016年7月20日 (水)

ブラボーオーケストラ!の夏

40FM「ブラボー!オーケストラ」8月〜9月分2本収録のためNHKへ。

8月7日(日)放送分は、チャイコフスキー交響曲第4番、ブラームス:ハンガリー舞曲第5番。小林研一郎指揮東京フィル(2016年3月5日第55回響きの森クラシックシリーズより)

9月4日(日)放送分は、ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー(p:三舩優子)、ダン・エッティンガー指揮東京フィル(2016年3月20日第67回午後のコンサートより)。およびロドリーゴ:アランフェス協奏曲(g:荘村清志)、シャブリエ:狂詩曲スペイン。三ツ橋敬子指揮東京フィル(2015年11月8日第65回午後のコンサートより)。

お知らせ・・・
7月24日(日)トロンボーン協奏曲「オリオンマシーン」(trb:井上浩一郎)、井上道義指揮大阪フィル(2016年4月8日大阪フィルハーモニー交響楽団定期演奏会より)放送。

2016年7月 8日 (金)

夢あわせ夢たがえ

Photo

7月9日国立劇場〈日本音楽の光彩〉という公演で演奏される「夢あわせ夢たがえ」のリハーサルに立ち会う。

1998年に二十絃箏の吉村七重さんとウィーンフィルの来日メンバー(クラリネット、ヴァイオリン、チェロ)との共演のために書いた作品で、洋風?B♭の世界に和風の箏が夢のようにたゆたう(のが、合うんだか合わないんだか…というのがタイトルの由来)全5章20分ほどの作品。邦楽器アンサンブル版や室内オーケストラ版も存在するが、今回の4人編成版がオリジナル。

演奏は、二十絃箏:吉村七重、クラリネット:四戸世紀、ヴァイオリン:篠崎功子、チェロ:安田謙一郎。

2016年6月25日 (土)

お知らせ

160709_2■コンサートのお知らせ

《日本音楽の光彩Ⅱ
 〜時代を映す作品選80's〜90's》

7月9日(土)18時開演
@国立劇場小ホール(東京・半蔵門)

吉松隆:夢あわせ夢たがえ(1998)
 二十絃箏:吉村七重/クラリネット:四戸世紀 
 ヴァイオリン:篠崎功子/チェロ:安田謙一郎

・西村朗「時の虹彩」/一柳慧「臨界域」
・石井真木「虚空」/肥後一郎「巫女譜」
・猿谷紀郎「臨照」

     ***

160821_2《河村泰子@ピアノ・リサイタル》

8月21日(日)/27日(土)14時開演
@ 芦屋「クラシカ」(芦屋市船戸)

吉松隆:6つのヴィネット 
・ショパン「ノクターン」
・リスト「愛の夢」
・ベートーヴェン「月光」ほか

     ***

より以前の記事一覧