フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。

リンク

仕事&音楽

2022年11月17日 (木)

EXPO'70 夢の跡

Photo_20221117211401 NHKのとある番組のために西村朗センセと大阪万博(EXPO'70)の思い出を核に70〜90年あたりの現代音楽や世界について対談。

二人とも当時は青雲の志に燃える高校生。(私は夏休みに東京から知り合いの家に居候して2泊3日の万博体験。西村氏は地元だったのでお祭りに通うように何度も訪れたそうだ)二人して現代音楽絶頂期の熱気と夢と狂気を全身に浴びて音楽の道に踏み込んだ…筈だったのだが、この万博をピークにして衰退と転落が始まるとはその時は知る由もなかった(笑

→写真は鉄鋼館スペースシアター(武満徹・クセナキス・高橋悠治らの音楽が1000個の可動式スピーカーやレーザー光線と共に演奏されていた未来的音楽空間)。下は10年ほど前に訪れた時の鉄鋼館。

2022年11月12日 (土)

NHK交響楽団定期/解説ゲスト

Img_3136
NHK交響楽団第1968回定期公演FM生放送の解説出演。
・伊福部昭「タプカーラ交響曲」
・ショスタコーヴィチ「交響曲第10番」
井上道義指揮NHK交響楽団。
司会:金子奈緒/解説ゲスト:吉松隆
Img_3142

2022年10月28日 (金)

リハーサル

Sinkibaa10月30日(日)ガーデン新木場ファクトリーで行われる〈新未来派/Nuovo Futurismo〉コンサートのリハーサル。

アトムハーツクラブ組曲
・第1番
・第2番
・鳥は静かに
・第3番(ゴーシュ)
演奏:アトムハーツクラブ・アンサンブル(N響のメンバーによる)

コンサートは13時開演・19時頃終演。プラスチックドッグス/アトムハーツクラブアンサンブル/高円寺百景/黒田亜樹&神田佳子/アンナ・アルディ/渋さ知らズオーケストラ…の6つのバンド/グループが登場し、各45分ほどのパフォーマンスを繰り広げる。アトムハーツクラブアンサンブルの演奏は14時頃から。

トーク出演(コンサートのプロデューサー岩本晃市郎氏と私の対談)はその前後13:45頃と16:05頃の2回で指揮の原田慶太楼氏も登場予定。

詳しくはこちら→***

2022年9月21日 (水)

リハーサル

220925a
リハーサルの立ち会いにミューザ川崎へ。 詳細→***

Img_4819

追記:今回ひさしぶりに生で聴くカムイチカプ交響曲(交響曲第1番)。32年前の1990年、36/7歳の頃に書いた最初の交響曲だが、指揮の原田慶太楼さんもチェロの宮田大さんも今ちょうどその頃の私と同世代(いわゆる「タメ」)。

現実には親父と息子という世代差なのだが、それが30年以上の時を隔てて同じ舞台で作品を共有するというのは・・不思議で奇妙で希有な・・まるでタイムトラベル的な世界に迷い込んだような・・奇跡かも知れない・・・

2022年7月15日 (金)

交響曲第1番/第2番スコア

Sym12 交響曲第1番(カムイチカプ交響曲)と交響曲第2番〈地球(テラ)にて〉の新しいスコア届く。@全音楽譜出版社。

第1番op.40(1990)は、1992年に出版されたものの再版。今年の9月25日(日)原田慶太楼指揮東京交響楽団(ミューザ川崎)により・チカプ・チェロ協奏曲〈ケンタウルス・ユニット〉と共に再演予定。(CD:Camerata Tokyo、Chandos)

第2番op.43は、Scherzoを加えた全4楽章の完全版(1991/2002)。昨年8月9日にフェスタサマーミューザで原田慶太楼指揮東京交響楽団により再演されたほか・今年7月2日にはアンサンブル〈ヴェネラ〉で取り上げられ、昨年夏の東京オリンピック開会式でも使用された。(CD:Camerata Tokyo、Chandos。ただし初演時の3楽章版。完全版は未録音)

2022年6月 7日 (火)

1991年の亡霊

Photo_2022060709170130年以上前(1991年)に書いた作品を再版することになり、確認と修正のため久しぶりにスコアを開き「過去の亡霊(?)」と向き合うことになった。

楽譜はもちろん全編アナログの手書き。当時は(当然ながら)メールも携帯電話もなく、曲の依頼や打合せは全て「黒電話」。スコアは(巨大なので簡単にコピーや郵送が出来ず)直接写譜屋さんやオーケストラに出向いて行き手渡ししていた記憶が蘇る。(今はPDFにしてメール添付で一瞬だ)

当時は「バブル景気」の時代だったそうだが、個人的には人生で一番貧乏な時期で実感は微塵もない。それでも90年91年と交響曲を書いて演奏されているのだから、一応はおこぼれにあずかったと言うことなのかも知れない。

ただし現代音楽全盛の時代は続いていて、この時書いたジャーンと協和音で終わる交響曲は先輩作曲家たちから「気でも違ったのか!」と大顰蹙を買い(と同時に完全無視され)、以後ほぼ村八分になった。

映画やテレビやラジオでは(BGMとして)現代音楽サウンドが聞こえてくることも少なくなかったが、時代の空気に合っていてそれはそれで結構好きだった。一方でゲーム音楽はまだピコピコ音の域を出ていない黎明期。それが30年経って一大音楽シーンを形成することになるとは…誰が想像しただろう。

サテ、30年後はどんな「驚きの」時代になるのかしらん。(イヤ、もちろん私はもう生きていないだろうけれど)

2022年1月27日 (木)

リハーサル

220127今週29日に初披露となる〈シューベルトのピアノ協奏曲〉のリハーサルにティアラこうとうに出向く。

200年近くピアノで歌われてきた旋律たちが、今、解き放たれてオーケストラで紡がれ歌われる。その魔法の一瞬に立ち会える悦び。

2021年8月 5日 (木)

リハーサル

Img_21138月9日(月休)にフェスタサマーミューザKAWASAKI最終日で演奏される交響曲第2番〈地球にて〉のリハーサル初日に立ち会う。

この曲を書いたのは37/8歳頃(30年前)。現代音楽界の新作なのに番号付きの交響曲で楽章があって最後がジャーンと協和音で終わるというのは異例中の異例で、聴衆は喜んでくれたものの専門家筋からは「気でも違ったのか?」と総スカンだった(笑。そのおかげで現代音楽界を見限り(見限られ)離反した思い出の曲でもある。

その頃感じた「人間も音楽のように、大気から生まれ大気に消えてしまう存在だったらいいのに」という思いは今も同じだが、地球上の東西南北4つの文明の素材を集めて鎮魂曲に仕立てるという趣向は、確かに今回のオリンピックに相応しい気もしてくる。死をひたすら悲しむ鎮魂もあれば、涙を振り切って明るく未来を見据える鎮魂もある。死への思いは生への思いを投影する。

それにしても、自分の書いた曲ながら若い頃の熱い(というよりゴチャゴチャと書き込む)筆致にはひたすら圧倒される。こういう…フルサイズの交響曲は・演奏するのも・書くのも・創るのも・やはり体力(生命力)あってのものだな、としみじみ痛感する。

写真は、指揮者:原田慶太楼氏(左)・東京交響楽団コンサートマスター:水谷晃氏(右)と。・・・若い(笑

2021年7月13日 (火)

原田慶太楼氏と

Img_2034ジャパンアーツで指揮者:原田慶太楼氏と初顔合わせ。

この8月に私の交響曲第2番〈地球にて〉(改定4楽章版)を東京交響楽団と演奏するのを皮切りに、国内外で私の交響曲全曲を演奏するチクルスを構想中とのこと。

現在は新進指揮者として世界を舞台に大活躍中だが、元々はあらゆる楽器を演奏できるマルチプレイヤーを目指していたそうで、サクフォン奏者として〈ファジーバードソナタ〉も演奏しているとのこと。間口の広さと音楽を取り込む自在さ…そして生命力に満ちた〈若さ〉が羨ましい。

2021年4月22日 (木)

元気な便り

2021v 4月23/24日〈朱鷺によせる哀歌〉
  尾高忠明指揮大阪フィル@大阪

5月8日〈サイバーバード協奏曲〉
  sax:上野耕平/名古屋国際音楽祭ガラ・コンサート

5月15日:マリンバ協奏曲〈バードリズミクス〉
  mb:三村奈々恵/日本センチュリー交響楽団@大阪

5月29日:〈アトムハーツクラブ組曲〉
  原田慶太楼指揮オーケストラアンサンブル金沢

8月9日:交響曲第2番〈地球にて〉(4楽章完全版)
  原田慶太楼指揮新日本フィル

・・・と、大阪、名古屋、金沢、東京での拙作演奏のお知らせが届く。

ここ数年すっかり音楽から離れた生活なので、長らく顔を見ていない息子や娘からの元気な便りを伝え聞くようで懐かしい。長女〈朱鷺〉は41歳、次男〈大地〉が30歳〈電鳥〉は27歳、一番若い〈木鳥〉が11歳。・・・歳を取るわけだ(笑

より以前の記事一覧