フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

2017年3月18日 (土)

When I'm Sixty Four

64

ここ数日、頭の中で鳴り続けているのが…

Will you still need me
Will you still heed me
When I'm Sixty Four...xx

というフレーズ。
初めてこの曲を聴いた頃(1967年。ちょうど50年前!)は、自分がまさか作曲家になって64歳まで生き延びるとは夢にも思っていなかった。

人生がクーポン券に変換可能なら、残る寿命は全部どなたかに差し上げて、そろそろ京都のネコにでも生まれ変わりたい…とひそかに思う今日この頃。

2017年3月 1日 (水)

確定申告と銀河盛

Tax2014確定申告をしに税務署へ。

何年か前からネット上で申告&納税できるe-taxを推奨されているのだが、いまだに「紙に書いた申告書を持って自分の脚で税務署へ」というスタイル。まぁ、何十年も続けている儀式みたいなモノなので、今さら変えられないという感じだろうか。

ちなみに、収支や経費および税金の計算は、30年前(1987年)Macを導入したときにEXCELで自作したソフトがまだ現役(もちろん税率そのほか詳細は国税庁の最新版確定申告作成コーナーに沿っている)。

なので1988年からの帳簿は全てEXCELに残っている…のだが、残念ながら2000年以前(OS9)のモノは現在のバージョン(OSX)では開けない。まだ「作曲家では食えない」時代のものなので、今見たら、きっと目を覆いたくなるような年収なのだろうな、きっと。

Ginngamori_2夜、録画してあった「平清盛」再放送を見る。最近ケーブルTVで再放送中だが、これが「銀河盛(チャンネル銀河で放送している平清盛)」と呼ばれて、Twitterで盛り上がっている。

5年前の放送の時も、本放送が「本盛」、BSで2時間早く見るのを「早盛」、ドラマの場面をイラストにするのを「盛絵」、DVDなどBOXで見るのを「箱盛」、空想の再放送を楽しむ「エア再盛」、などなど色々な楽しみ方をしてくれていたのだが、今回も14時からの放送が「昼盛」、夜24時からが「夜盛」と呼ばれ、登場人物たちの仕草やセリフ一つ一つ(あるいは音楽の付け方)についてリアルタイムで熱く語り合ってくれている。(しかも、それを時系列に沿ってまとめてくれているサイトがある)

こういう「本気で楽しんで」くれている人たちの存在を知ると本当に胸が熱くなる。制作に関わった一人としてこんなに嬉しいことはない。心から感謝。

2017年1月 6日 (金)

1月6日

106_2

妹の命日に藤沢へ墓参に行く。

早いものであれからもう23年。あの時、妹の病室で書いていた〈サイバーバード協奏曲〉(1994)は、昨年ピアノリダクション版がCD化され、今月は東京シティフィル定期でも演奏される。妹が超えられなかった「時」を、音楽だけが超えているわけだ。

この曲を聞くと、妹が透明な「鳥」になってどこかで聞いているのを(確かに)感じることがある。だから、あの時は「神はいない(絶対に!)」と確信したが、もしかしたら「神みたいなもの」は居るのかも知れない。そう思うことが(たまに)ある。

「音楽」も「神」も、居る(在る)と思えば居るが、居ないと思えば居ない。ただそれだけのことなのだ。…と、そう思うだけのことに、人は何十年もの「時」を必要とする。

2016年12月31日 (土)

よいお年を

Allemenschen

2016年12月15日 (木)

大倉山記念館

Okurayama_2母の作品が展示されている「日本芸術の融合展」(12/14〜18)を見に横浜市大倉山記念館に行く。

綺麗な歴史的趣の或る建物…ということで心惹かれてふらりと出かけるが、どこかで見たような…という既視感がひたひた。映画やドラマでよく使われているそうなので、それか。

天気も良く、久しぶりに広い空を見る。

2016年10月31日 (月)

Haloween?

Halloween渋谷はハロウィーンで大晦日のような大騒ぎである。

不思議な祭りが流行り出したものだ…と思っていたが、そもそも日本でのクリスマスというのも似たようなもの。戦後、旧アメリカ進駐軍施設(ワシントンハイツ/現在の代々木公園)でアメリカ人たちが12月になるとツリーを飾ったりプレゼントを渡したりしているのを見て(渋谷・銀座あたりを中心に)商業的に拡大したものと言う。

実家はワシントンハイツの真ん前だったので、そう言えばクリスマスの導入は早かった。「面白そうなモノ」を取り込む人たちはいつの世にもいる。昔の世代にとっては「何だか良く分からない騒ぎ」だが、これも「日本の文化」として定着してゆくのだろう。

2016年10月24日 (月)

iPad肘の憂鬱

Elbowl数年前から患っていた自称「iPad肘」がここ一週間で悪化する。

症状としては、左肘の痛みを中心に、左肩の肩こり+上腕・前腕外側の痛み+手首・掌側部・小指の痺れ…(つまり背中から左腕の側部全体が指先まで神経痛のような状態)。要するに左手一本が使い物にならない。

長年の右手のマウス肘(肘を浮かせてマウスを扱うことによって起こる炎症)は、ターボマウスを使うようになって解消したが、左手のiPad肘は6年めのiPadPro(713g)+寄る年波(要するに加齢)で限界に達したものらしい。考えてみれば、ワープロ&パソコンを本格的に仕事に使い始めてちょうど30年。10万時間目の勤続疲労?という感じなのだろうか。

整形外科での診断は「肘部管症候群」(ちゅうぶかん・しょうこうぐん)だが、長年のデスクワークで首の関節(頸椎)が前傾気味の「ストレートネック」になっていることも原因とのこと。しばらく左手でiPadを持つことは厳禁である。

ちなみに、通常のデスクワーク(デスクトップパソコン&キイボード)は、背中真っ直ぐ&肘90度・首真っ直ぐ前方の正しい姿勢を心がけていれば(時々走る痛みに「いたた…」と耐えながら)なんとかこなせる。ただし、前傾姿勢になる・左手で本を持つ・ピアノで左手パートを弾く…はいずれもNG。もしピアニスト(キーボーディスト)あるいは指揮者だったら、演奏家人生の終わり(左手がダメなので「左手のピアニスト」としての再起も出来ない(泣)だっただろう。

姿勢の悪いデスクワークを続けている方、「肩こりで死にはしない」と高をくくっている方、くれぐれもお気を付けください。

2016年9月27日 (火)

老人老いやすく楽鳴りがたし

Ro

最近めっきり心身共にポンコツ化してきた自分を実感。思わず…

老人老いやすく、楽鳴りがたし

という自嘲の一句が口から漏れたのだが、「あはは」と笑い飛ばしてから、あれ、オリジナルは何だっけ?と首をひねる。まずい。「少年」がとっさに出て来ない。駄句なりがたし…。

2016年9月23日 (金)

秋祭り

Hachiman近所の代々木八幡神社で秋祭り。

氏子なので奉納金を納めに行くついでに、小雨の中をしばし散策。

暗い神社の境内に提灯や屋台や露店の明かりが色とりどりに光る不思議な空間は、何十年も変わらず、一瞬、子供の頃にタイムスリップしたような気分になる。

祭りは「音」も楽しみなものだが、雨のせいか、神楽の音がしけって水に吸い取られ、耳まで届いてこない。いや、単に年取って耳が悪くなっただけなのか…。

子供たちの笑顔の向こうで淡い光が纏うキラキラした音も、今は昔の遠い夢。

2016年9月14日 (水)

ドミソで読み解く音楽

Roliz来月京都で行う小さな講演の下調べもあって、このところ古い音楽(雅楽や中世ルネサンス音楽)ばかり聴いている。

いずれも現代のハーモニー感に慣れた耳には「不思議な響き」なのだが、これに耳が慣れてくると、今度は「ドミソ」や「長調短調」で出来た(そしてドミナントや導音などの和声進行の存在する)音楽がものすごく「ヘンな音楽」に聞こえてくるから面白い。

特に、ドとミが「長和音」な(つまりごく普通のドレミファなMajorキイの)音階の違和感が半端でない。モノの本によると、明治の初期、日本に初めてこのドミソが入ってきたとき、日本人はその異様な響きにどうしても馴染めなかったそうだが、それもなんとなく分かる気がしてくる。(ちなみに、平安時代には「呂旋法」として長調風の音階が存在し、雅楽では壱越調・双調・太食調がこれに当たる)

対する西洋でも、そもそも数ある教会旋法(ドーリアやフリギアなど)の中で長調のイオニアと短調のエオリアは最後の最後(16世紀頃?)に登場した異端?の旋法なのだそうで、当時「最近、若い女性たちがイオニア風の歌と踊りを好むようになった。困ったモノだ」と嘆く記述が残っているという。長3度の響きは洋の東西を問わず最初は「すごくヘン」な「堕落した響き」に聞こえたようだ。

それがいつの間にか西洋音楽(そして世界標準の音楽)の王座に君臨する音階になってしまったのだから不思議な話だが、その理由は…と聞かれれば「キリスト教の隠謀?」と言うしか無い。とは言え、もはや「そうでない音楽」を想像するのが難しいほど汎世界的に広まってしまい、どこまでが純粋に「感覚」に関わる先天的な部分でどこからが「理屈」が関わる後天的な領域なのか、判別することも分離することも難しい。(しかも、問題の性質上、「機能和声法」などという代物を耳に仕込んでしまった人…つまり音楽を専門に勉強した人ほど…その判別と分離が難しいことになるから厄介だ)。

Aim_2
おそらく、ここから先はもう人間の「知」で踏み込むのは無理ということなのだろう。ここは是非、AI(人工知能)氏に虚心坦懐に音楽を聞いてもらい、(心だとか気持ちだとかいった魑魅魍魎を剥ぎ取った)「純粋な理知」と「純粋な感性」で音楽について分析する言葉を聞きたい気がする。

とは言え、それを聞いて理解できるかどうかと言われると……心許ないのだが。

より以前の記事一覧