フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。

リンク

#日記&雑感

2022年9月26日 (月)

・・・余談・・・

Worksw 昨日のプログラム・についての余談・・

最初の曲〈チカプ〉は、まだ現代音楽に両足突っ込んでいた頃の初期の作品で、原曲のフルートオケ(フルート15本!)の元のスコアは完全にシュトックハウゼンやペンデレツキばりの図形楽譜(それでも♯♭なしの旋法で書いてあるので響きだけはきれいなのだが)。それを20年ほど経ってから小編成の通常オーケストラ用にちゃんとした拍節付きのスコアとして書き直したものの、「余計なことをして」とか「改悪」とか指弾され、まったく実演の機会がなかった落ちこぼれの作品。

次の〈チェロ協奏曲〉は、初演以降20年近く誰も演奏してくれず、自分でも昔の録音を聴いてあまりの支離滅裂さに「これは埋めてしまおう」と密かに決意していた曲。父親が死んで直後に書いた作品なので、色々な思い(悲しいことや楽しいこと、子供の頃の記憶や暗い記憶)が未整理のまま並列しているせいもあるだろうか。数年前に藤岡マエストロが「宮田さんという凄いチェリストがいるので今度再演したい」と言ってくれた時も「あんまり気が進まない」と言って白けさせてしまった記憶がある。

最後の〈カムイチカプ交響曲〉に至っては、初めて「交響曲」を書いてもいいという機会をもらって20分くらいという注文だったのに延々45分かかる巨作を書いてしまい、しかも現代音楽のコンサートなのに調性鳴らしまくりビート叩きまくりメロディ歌いまくりで、業界からは「なかったこと」にされ作家としても完全無視されるきっかけになった曲。(初演の時、聴衆から温かい拍手をもらいながらも)「おそらく音で聴くのはこれが最初で最後だろうなぁ」と思っていた鬼っ子中の鬼っ子。

それが三作、一晩のコンサートで一堂に会したわけだが、上記の理由で、自分自身では怖ろしくて絶対選曲しなかったであろう組み合わせ。「名曲全集」と謳ってくれたのは嬉しいが、私の中では「鬼っ子作品選」という感じで、どうなるか内心ビクビクものだった。

Traumaw しかし、今回、原田マエストロの見事な指揮と宮田大氏の聞き惚れるような熱演、そしてオーケストラの方々の共感溢れる名技に支えられ、コンサートとして成立してしまったのは…感激とか嬉しいとか言うより驚きの方が大きい。
聴衆の方々も(おそらく私の名前すら知らず間違って聴きに来てしまった人も多かっただろうに)普通に音楽として楽しんで聴いてくださった様子にホッと胸をなで下ろす。
音楽とは…そして人生とは、分からないものだ。

2022年6月13日 (月)

草葉の陰から

S 還暦以降すっかり隠居ひきこもり生活なのだが、
このところ…今週〈交響曲第6番〉新日本フィル、
7月〈交響曲第2番〉アンサンブル・ヴェネラ、
8月〈ピアノ協奏曲@シューベルト〉関西フィル、
9月〈チェロ協奏曲〉〈交響曲第1番〉東響
10月〈トロンボーン協奏曲〉千葉響
12月〈サイバーバード協奏曲〉札幌響
・・・と昔の曲を演奏してくれる機会がなぜか連続している。「没後10周年記念」という感じなのだろうか。有り難いことである。♪なァねこや。にゃあ

2022年5月25日 (水)

数え直し天使

Nprとある原稿でうっかり数字がらみのネタ(音列)に触れたため、数十年ぶりに数式をこねくり回すことになった。

一応、工学部出ではあるのだが未だに数字(特に音とお金の計算)は苦手である。

2022年5月13日 (金)

13日の金曜日

13b

2022年5月10日 (火)

猫碑

B_20220511161001

2022年5月 9日 (月)

一周忌

A_20220509065801 

2022年5月 5日 (木)

少し飲み過ぎた・・・

Sakes

2022年3月11日 (金)

??- phobia

Trypophobia

 

2022年3月 4日 (金)

早咲きの桜

22304

2022年2月22日 (火)

祝 猫の年・猫の日・猫の時

Cat22222a

より以前の記事一覧